静岡歩き(三保の松原編)

一報に続いて紹介します。
富士山の撮影を終えて、30分ほど西へ車を走らせて久方ぶりに羽衣の松で有名な三保海岸へ行った
この三保の松原は国の指定名勝となっています。
画像

初代の羽衣の松は殆ど枯れ果てた状態で現在は若手に引き継がれていました。
画像

引退した松は樹齢650年を過ぎています。
画像

三保海岸から見る富士山は絶景です。
画像

画像

画像

朝日に輝く海もとても綺麗です。
画像

画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

katochan
2013年03月19日 23:02
羽衣伝説で有名な三保の松原の記憶はありましたが松林の詳細は初めて知りました。樹齢650年の松林と松の養生や樹勢も凄いことだと思われます。景勝地松林が生い茂る美しい浜辺として大切に保存されて欲しいと思います。三保海岸からの富士はまさしく絶景で感動させられます。朝日に輝く海も含め、絶景美観地での撮影会が出来てよろしかったです。
terasan
2013年03月19日 23:02
天気が良くて素晴らしい行楽の一日だったのでは?でも一日にこれだけ移動すると、一箇所でじっくりチャンスを待って写真を撮ることが出来なかったのでは。でも絵葉書は沢山出来たようですね。

この記事へのトラックバック