とても楽しかった古希の同窓会

10/25.26の両日 故郷の小中学校同窓会(今回は古希を祝う)が石和温泉一泊で開催され 参加してきた。

参加者はM;10名 W;15名とW優性の中 和気あいあいと昔を語り合いとても楽しい同窓会でした。

トピックスは
1.68歳で歌手デビューを果たした八重子さん(芸名;葉月)の同窓会デビュー
 何といっても中学校を卒業以来55年振りの参加で、あまりの変わりさに同窓生みんながビックリ!!
 宴会後に自慢の喉を聴かせてもらい感激しました。
 幹事曰く 皆でCDを買って応援していこうということで盛り上げていきたいと思う
 しかも、彼女の実家は私の実家の5~6軒先と言うことで またまた、ビックリ!!
下記のリンクを再生して聴いてみて下さい。
 
 
2.甲斐の国の武将”武田信玄公”が眠る 乾徳山恵林寺を菩提寺とする同窓生がいて 檀家の特権で境内を
 無料案内していただいたこと。
 境内の紅葉は時期が早すぎたのか見事とは言えなかったが、国の重要文化財”四脚門”・県の文化財”三門”・
 ”開山堂”・”武田不動尊”・”武田晴信(信玄)の墓所”・国指定の名勝である”恵林寺庭園”などを見学できて
 仲間とともに有意義な時間を過ごしました。

3.翌日は富士山五合目までバスで移動し、紅葉現物
 平日乍ら多くの観光客で溢れていた
 ここにも然り 外国人の多い事 何といっても中国人が半数以上?と沢山の土産を”爆買”していた。
 昨日は0℃近くまで温度が下がり寒かったらしいが、今日は暖かく雲海や・遥か彼方には八ヶ岳や南アルプス 連峰の連 なりが見えてとても綺麗だった。


 以下にその数点を写真で紹介します。(各所で撮影禁止箇所があり全ては紹介できませんが)
 久方ぶりのブログ更新で編集が上手くいかず失礼しました。
 
画像
画像
画像
画像
画像
画像画像
画像

画像

画像


京都の旅

11/13から16日まで滋賀へ所用で出かけたついでに京都の紅葉を他の新手せきました。
最初に訪れたのは平成の大改修が完成した平等院です
<鳳凰堂正面>
10円玉を片手に鳳凰堂を眺めていた人が多くいた

画像

<手前側から>
画像


15日には浄土宗西山禅林寺派総本山の紅葉が身頃との情報を得て
<永観堂へ>道中の道路には人力車が走っていた
画像

画像

画像

<楓ばし辺りの紅葉>
画像

<野点の赤傘・緑の絨毯に落葉>
画像

画像



当日は風が強くとても寒かったのでお隣の南禅寺に行って暖かい豆腐で昼食を・・・との思いで南禅寺に移動したが、豆腐料理屋の前は行列で一時間待ちとのこと
昼食を諦めて境内を散策した。
境内には珍しい”疎水の水路閣”があり、周辺の紅葉とあいまって見事
<南禅寺>
画像


時間もだいぶ過ぎ寒さはお腹に応えるので、平安神宮近くのお店に入ってやっと昼飯だ

せせらぎを歩いてきた

体調がやや戻ってきたので久し振りに源平川のせせらぎを歩いてきた
川べりに辿り着くまでに一汗かいたが、水の都の源平川に到着すると気持ち良いせせらぎの音とともに涼を感じることが出来た

家から歩いている途中で目前の陸橋を駿豆線が通過していった
画像

画像

陸橋の下から通過する電車を観察
画像

画像


時には遊歩道から外れてせせらぎの中に足を入れ カワセミの故郷へ
画像


画像


休憩しながら待つとカワセミがやってきた
画像


せせらぎには三島梅花藻も満開だ
画像

画像

画像

画像


暑いこの時期にとても気持ちのいい散歩が出来た

バラが咲いた  (久しぶりのブログです)

先日友人からバラの便りをいただいたので、感化され私も近所のバラ園に行ってきた。
今日はとても暖かく 園内からはほのかにあま~いバラの香りがしていてとても気持ちがいい。
定番の赤・白・ピンク・紫色などのきれいなバラを下記に紹介します

画像


画像

画像

画像

画像


画像


隣の館ではさつき展も開催されていた
画像

楽寿園菊祭り 大型盆景”鶴ヶ城”

先月末に完成し 写真を撮ってきた鶴ヶ城はほとんど蕾状態だったが、もう咲いているだろう?と本日出掛けてきたが、満開を過ぎていてとてもいい状態ではなかった
入り口では湯茶の接待があった
画像

大型盆景”鶴ヶ城”
画像

鶴ヶ城の前庭
画像

城の後ろ側にまで菊の小鉢が回らなかったのか?手抜きでみっともない
画像

お茶処の前には菊で飾りつけた富士山も見えるがTOPの白菊が散ってしまい本物の白いものが見えずに残念
画像

銀杏はいい色合いだ
画像

画像

<全体的に紅葉は過ぎてしまった
画像

逆光で紅葉
画像

:化粧ガラス越しの園内は紅葉ならず
画像

闇に鮮やか光のオブジェ(by.rakujyuen)

三島市の楽寿園では新たな魅力を発見しようと、三島青年会議所が企画した「市民あかりゾーン」に大小12個の光のオブジェが並び来場者の関心を集めている。
この楽寿園は夜の行事が少なく、幅広い年齢層に楽寿園の良さを知ってほしいとはじめてこのイベントを開催した。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

恵みの雨

処暑を過ぎてもまだ暑い日が続いているが、今朝方の雨で草花にとっては草花が生き生きしてきた

例年花を付けているウコンもやっと二枝に花を咲かせた
画像
画像

画像


食用菊も元気だ
画像


今年も函南の猫踊りに行ってきました。

静岡県函南町の猫おどりは、函南町の丹那盆地周辺に伝わる民間伝承をもとに、町おこしとして企画された夏祭りのイベントである。1987年5月23日にまんが日本昔ばなしにおいて元になった民間伝承に類似する話が取り上げられたことをきっかけに企画され、丹那盆地の夏の風物詩として定着を図っていた。

当初は丹那小学校の校庭や、観光施設である酪農王国オラッチェ駐車場などで開催され、丹那盆地およびその周辺に密着したやや風変わりな地域の盆踊り大会といった風情であったが、数年前より函南町の狩野川まつりと合体、会場も狩野川の河川敷に移動し、函南町全体のイベントとして大型化している。

2005年に第18回を数える現在の猫踊りは、単に町の盆踊り大会という枠を越え、沼津市や三島市も含め地域の老若男女が猫に扮して創作ダンスを繰り広げるという一種独特の空間に変貌している。

「猫おどり」の謂われ[編集]天保年間、函南の山沿いにある軽井沢の集落に住む男が飼っていた猫が、実は人語を解し笛を吹き踊りを踊る猫であることが判明。気味悪いということで退去を申し出たところ、それ以来猫は姿を現さなくなった(要約)…とする民間伝承を謂われとする。

猫おどり自体は、それから猫の供養や祟りなどを恐れて踊られるようになった等の歴史がある訳ではなく、この伝承をもとに1980年代の終わり頃から新規に始められたものである点に注意が必要である。

なお、ここで言う軽井沢とは長野県の軽井沢町のことではなく、熱函道路(静岡県道11号熱海函南線)の旧道沿いに現存する軽井沢(かるいさわ)集落のことである

祭りのショットを紹介する


画像


画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ハイビスカスが咲いた!!

南国のイメージをまとった植物として知られている ハイビスカスが咲いた。
タチアオイなどのアオイ科に属するようだ
画像

蘂もとても綺麗だ
画像


ミカン&柚子も順調に大きくなってきた
画像

画像


ゴーヤも沢山でき 既に美味しく頂いている 隣にはフウセンカズラ
画像


今年は瓢箪も植えてみた
画像

何処からも富士山は見えず

昨日 泉下の客(64才の従兄弟)を見送りに甲府に行ってきた。
病気とは言え 64才は早すぎる
何十年振りに見かけた親戚のひと、こんな時でなければ会うことのない時代になってしまった。寂しいものだ

・・・・・・・・・・・・・・・

平日ながら道中は結構な車列だった
富士山が世界遺産に登録されたこともあり、道中の道の駅などは他県ナンバーの車が多かった。
その多くの人たちに声をかけてみると、東京方面からの客が多く、土日の混雑を避けてウィークデーに出掛けてきた方が目立った
富士の周辺(五湖プラス一湖)を巡ったが、残念なことに、何処からも富士山は見えなかったようだ。
お天道様が出ていない夕方の朝霧高原辺りでは外気温度も14度と寒かった。

今回の移動 三島→新東名新富士→西富士道路→本栖湖→精進湖→上九一色村→甲府の往復200kmでは持参したカメラもトランクの中で終始お休みだった

今回は中距離移動だったが、次回の長距離移動は一年ぶりに滋賀で開催されるOB会参列のため7/6(土)早朝移動になる予定だ。こちらは往復すると約800kmとロングランになるので準備万端 気を引き締めて行こう

-------------------

遺産登録された富士山周辺を日を改めてゆっくり回ってみたい。

熱海アカオ ハーブ&バラガーデン

5/31 入梅間もない 好天の中仲間と熱海のバラ園に出掛けてきた。

往路は三島→熱函道路経由で熱海へ

復路は熱海→十国峠→箱根→経由だったが、熱海へのコースは箱根経由の方が近いようだ

バラガーデンは熱海の名所”錦ヶ浦”の一寸先の山側に位置している
<アカオハーブ&バラガーデンのパンフ>
画像

<JAF会員で3割引>
画像

<名所錦ヶ浦>
画像

画像

<園内の風景>
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今日の熱海はとても暑く紫外線も強烈であった

三島市民公園楽寿園散策

三島市では花のまち作りに力を入れています。
”ガーデンシティーみしま”として花のまちフェアが開催されていたので、メイン会場の楽寿園を散策してきた。

JR三島駅は古くなった駅舎の富士山型をした屋根を保ったまま現在改装中で2013/10には完成するようだ
画像


楽寿園のイベントでは入り口に人力車も用意してある
画像

改装なった休憩所
画像


園内の展示会場では”さつき展”を開催中、入り口では大型の皐月がお出迎え<多くの愛好者で賑わっていた
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像


三島名物の”シャギリ”も披露していた
画像

画像


好天に恵まれ早くも水遊びする子供の姿も見受けた
画像







薔薇250種咲き誇る

清水町堂庭の杉山バラ園で約250種の薔薇が見頃を迎えている
約3000㎡の敷地内に赤や黄色、ピンクのバラ約二万本が゜咲き誇っている。
花びらの外側が白色で内側がピンクの「ピエール・ド・ロンサール」、ハート型のような花びらのアンジェラなどが
人気のようだ。
今年は3月に暖かい日が続いたので例年より約一週間早く咲いたようだ。
このバラ園は入場無料で駐車場もあり ワンコインで本格カレーなどが食べられるので、結構人気がある。
<杉山バラ園のパンフ>
画像

<バラ園入り口>
画像

<今日の園内バラは九分咲きだそうだ>
画像

<客にバラの育て方などの説明する社長>
画像

<バラのトンネル>
画像

<ピンクの双子バラ>
画像

<ソフトクリームのような花びら>
画像

<黄色・白・ピンク・赤などのばら>
画像

画像

画像

画像

画像

<園内の一服処にはバラ花の皿盛りがあった>
画像


<今日は富士山が綺麗だったので帰りに温水地によって富士を撮った>
画像

伊豆の国パノラマパーク散策

 GWも終盤を迎え高速道路は何処も大渋滞なので、近場の伊豆の国市の葛城山へ出掛けてきた。
道中の一般国道136号線は伊豆行きの観光客(県外ナンバーの車が主体)で渋滞していました。
何時もは中央道を使うと30分足らずでパノラマパークに到着するのが、約倍の50分ほどかかった。
駐車場も満車で係員の誘導に従い10分待ちでやっと駐車
GWには遠出を避けて 近場で済ませる家族も多いようだ。
この葛城山パノラマパークは8人乗りのロープウェイで山頂まで登り 頂上の”空中公園”を散策し、富士山や駿河湾を一望できる伊豆屈指の絶景スポットである
豊かな自然に囲まれ四季様々な花が楽しめる
春には水仙や菜の花が咲き始めこの季節はおよそ35,000本のツツジが山頂付近を彩るはずだが、今日は若干時期が遅かったようだ。
次は6月から7月に掛けてのアジサイの七変化が楽しみだ。
<パノラマパークのパンフ>
画像

画像

<残念ながら今日は雲が多く富士山は頂上部分だけしか見えなかった>
画像

画像

画像

<ツツジは一部でのみ見頃>
画像

<青空の下 ハングライダーが気持ちよさそうに>
画像

<売店には伊豆名物の吊るし雛が展示されていた>
画像

<駐車場辺りからロープウェイ&頂上を望む>
画像

三島市塚原新田のフジ

伊豆縦貫道塚原インターから500mほど箱根方面に行ったところで 例年立派なアジサイを咲かせて通りすがりの人々を喜ばせてくれている方が、今度は隣接した地に2006年から“藤園”をつくり約40mのフジ棚が薄紫色の房のトンネルを作っている。

今年は例年に比べて開花が早かったが、今月一杯は棚から垂れ下がっている50cmほどのフジの

房が楽しめそうだ。

アジサイ園の隣地で駐車場もあって、無料なのはうれしい。

<正面では小振りのフジ一本がお迎え>
画像


<段々畑のフジ棚>
画像


画像


<歩道も整備されていて安全だ>
画像


海上の県道開通

この度 全国初の海上の県道が認定され、本日開通した。
この県道は従来より欠番となっていた223号線と命名され清水港と伊豆市の土肥港を結ぶ海上県道で駿河湾フェリーの航路と重なる。
静岡新聞に掲載された記事の切り抜きを紹介する

クリックで拡大します
画像


国道にも変り種があって青森県の竜飛には”階段国道”があります。

☆全国唯一・竜飛岬の階段国道(R339・青森県三廏村)

 本州の北の果て、青森県の竜飛岬に、全国でただ一ケ所、階段が国道指定されている場所があります。観光地としてガイドブックなどにも出ていますし、 国道339号線をひたすらに北上していくと、やがて視界が開け、北海道が対岸に望める岬の北端に達します。ここでカーナビの国道表示は途切れますが、ここから崖の下の小さな漁港に向かって階段が続いています。
画像



国道でありながら 当然階段部分は車で通ることが出来ません。

今日は暖かいので庭の花々が大喜びだ

 2~3年前から開花している君子蘭が今年も咲いてくれた
画像

画像


知らんいいえ紫蘭もいっぱい蕾をつけている   開花が待ち遠しい
画像


画像


花梨の花
画像


南高梅と蝋梅に実がいっぱいです
画像

画像


早くも蝉の抜け殻が??そんなはずはない よく今まで飛んでいかなかったです
画像

楊貴妃と云う名の八重桜

例年並木のソメイヨシノが散ってから、10日ほどで満開を迎える隣家の八重桜が見頃を迎えた
現在七分咲き程度で明日&明後日が満開良そうだが<今夜から爆弾低気圧襲来とかで天候は大荒れ模様で心配だ。

画像


画像


画像


画像



 

三島大社のさくら

今日は寒い朝から一転 午後からとても暖かくなってきたので、散歩コースを延ばして三島大社まで散歩に行ってきた。
三島大社の大鳥居とさくら
画像

正門から入ってさくらのトンネルや正門通りの大桜も 葉桜が目立つようになっていた
画像

画像

画像

正門から社殿通り
画像

社をバックに満開の桜
画像

神池周りの枝垂れ桜は丁度見頃だ
画像

画像

画像

桜に西日があたって綺麗だ
画像

この状態では今週末辺りが見納めか?