もうすぐ春ですね。

先週 節分・立春を過ぎたかと思ったら昨日は建国記念日、今日2/12は春の到来を告げる伊東大室山の山焼きが行われています。
麓付近からも火をかけると,炎はしたから上に燃え広がります。 強い風の音のようなゴーという音が迫力あります。
画像

画像


我が家では福寿草が顔を出し”もうすぐ春ですよ”と告げているようです。
画像

画像


鉢植えの白梅ももうすぐ咲きそうです。

画像


今年もメジロが飛来して蝋梅の枝につけたミカンを美味しそうに食べています。
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

terasan
2013年03月19日 22:57
大室山は伊豆なのに雪が降ったり、山焼きをしたり、春は忙しいね(北国はまだ深い冬の中ですが)2月11日は建国記念日というが日本が出来た日か?昔は紀元節といって学校では式典があった。そして紀元節の唄
 雲に聳ゆる 高千穂の 高嶺おろしに草も木も・・
と唄ったものだ。もちろん天皇家をたたえる歌で、最近の一部の学校のように君が代は歌わないとか、起立をしないとか、意味の無いことを言っている時代ではなかった。
katochan
2013年03月19日 22:57
先ほどメール写真にコメントさせて頂きましたが、この大室山の山焼き光景は迫力があり凄いですね。2枚目の炎写真は山焼きというより火事さえ連想させられそうです。メール写真ともども山焼きの様子がよく分かりました。福寿草や紅・白梅の開花など季節は三寒四温の歩みを続けているようです。

この記事へのトラックバック