遺伝研前桜並木のさくら状況

さくら並木の老木は数年前には強風で倒木したものもあったが、木の丈を摘めて手入れを強化した結果        先日の爆弾低気圧の強風にも絶えて 元気に咲き始めました。
今週の土曜日には恒例の遺伝学研究所の一般公開が開催されます。
所内には260種類ものさくらが植えられていて、世界最大級のさくらのコレクションが楽しめるほか、研究成果も疲労される。
地元はもちろん、各所から多くの見学者で溢れかえる

今日も風は強かったが、開花状況を撮ってきたので、紹介する。

<5~8分咲き>
画像

画像


<根元の一枝>
画像


<一輪を逆光で>
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

katochan
2013年03月19日 23:02
昨年は中止になった遺伝学研究所の一般公開が7日に行われるようですね。昨年4月4日のブログ「開花状況」では三分咲きであったとか。本年は5~8分咲きで絶好の花見が楽しめそうです。たくさんの写真も楽しみにさせて頂きます。この時期にはお家の君子蘭もそろそろ開花の頃では?。京都や滋賀の桜はまだ咲き始めの状態で見頃は一週間以上先になりそうです。

この記事へのトラックバック