恒例の水汲み

西伊豆の仁科へ恒例の水汲みに行ってきた。
今回のrouteは三島からR136を下り、熱函→修善寺道路→天城→眼の回るような仁科峠のくねくね道を→大沢里の水汲み場まで一気に走行した。
日曜日のため20台ほどの駐車場は満車で待ちぼうけ、20分ほど駐車場・井戸の空くのを待って20L入りのポリタンク15本に海洋深層水を満たした。
<大沢里満車の駐車場>
画像

<水汲み場横の紅葉>
画像

ひと仕事の後は空腹を満たすべく海岸線を南下し雲見まで足を伸ばして美味しい魚を食べてきた。
雲見の海岸では10月のこの時期海水浴を楽しむ人がいた。流石に少し寒そうだ
<この時期に海水浴?>
画像

<海坊主も?>
画像

16時に沼津で用事があるので、この辺で帰りに向かいました。
残念ながら今日は夕陽の写真を撮ることはできなかったが、”日本一の夕陽の町 西伊豆”にはロマンチックな夕陽を観ることの名所が点在します。それは海岸の公園や素朴な漁港だったり様々です。その場所それぞれの個性で多彩な夕陽のひと時が堪能できます。
黄金色に染まるそのとき、大きなときめきが訪れる人々をやさしく包み込んでくれます。
三島の皆さん是非出掛けて見ましょう
そんな海岸線を堂ヶ島→田子島→安良里→黄金崎→恋人岬→旅人岬・・・・・・・・と北上
トイレ休憩で土肥の金山へ立ち寄り うわさの250KGの金塊を触って拝んできました。
時価で約10億円とのことです
<入り口には小判がザックザック>
画像

売店で黄金饅頭を頂き、あとは一路沼津へ・・・・・・

夜 家に帰って満タンのポリタンクを収納するのも翌日回しにして今日は終了です
総走行距離約200km  つ・か・れ・た・・・
その後テレビ観戦して巨人を応援      延長でさよなら負け   マタマタ 疲れた!!

おまけ
庭の片隅で初めてウコンの花が咲いていた
画像





" 恒例の水汲み" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント