富士芝桜まつり

一昨日 大気不安定で雷・突風・竜巻の予報が出たり、新聞紙上を賑わした”富士山の真下に活断層が見つかった”との不安要素があった中、三島組三人で本栖湖近くの芝桜まつりに出掛けてきた。
この芝まつりは=首都圏最大級約80万本の芝桜の群生とそびえ立つ富士の花と富士の競演=がうたい文句ではあったが、当日は靄が多く富士山は姿を現してはくれず、80万本の桜の1/3程度はまだ成長過程であって一面の芝桜にはほど遠い状況だった
が、池の周辺にはスカーレットフレームやマックダニエルクッション、オータムローズ、多摩の流れ、モンブランなどの芝桜は略満開状態で写真を撮ることができた。でも全体的には四分咲き程度とのことであった。
今年は開花が遅れ中止も視野に入れて検討中であったが、連休ごろには開花が見込まれるのでは?とのことで「特別鑑賞会」として開催に踏み切ったようだ。ならばこの程度でも仕方がないか?
結果的には竜巻も発生しなかったので、巻き上げられて池ポチャされることもなく、活断層も平穏で富士に帰ってこれたのでヨシ!!としよう。
<会場の看板>
画像

<会場全体としては四分咲き程度>
画像

<池の周辺は略満開>
画像

画像

画像

画像

<片隅では蜜を吸いすぎて?動けず休憩中の蜂が>
画像


13時頃になると、南側の空が暗くなってきたので、駐車場に引き上げてくると雨がパラパラ降り出した。
竜巻に遭わないうちに本栖湖を退散し 河口湖方面に移動開始
河口湖の公園では目的の花はまだ咲いていない。雨も強くなってきたので、帰途につき 道中忍野八海近くまで来ると雨も上がったので綺麗な富士山からの湧き水わ見て旅を終えた。(押野の写真は割愛)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

katochan
2013年03月19日 22:57
先日のメール写真にもコメントさせて頂きましたがまだ1/3の開花状況とか。今年は梅から始まり何もかもに影響が及んでいるようですね。でも写真で見る限り綺麗な花のじゅうたんで見事に開花しているようにも伺えます。やはりそれらを感じさせない描写と構図の素晴らしさでもあると思います。富士山が見えず残念でしたが「富士の花と富士の競演」の演出も素晴らしいです。
terasan
2013年03月19日 22:57
好天に恵まれ何よりでしたが、富士山と芝桜が一緒に撮れなかったのは残念でしたね。でも何もかもすべてが良いようにはなかなかゆかないからこれだけの写真が撮れればよし!ですね。

この記事へのトラックバック