楽寿園菊祭りと大型盆景

先月30日から今月末まで”第59回の菊祭り”が開催されている
園内には多くの愛好家の皆さん方が丹精込めて仕上げた大菊・盆菊・垂れ菊?か゜展示されていてその中から
審査の結果特賞や金賞・銀賞をはじめ各賞が決められ展示されていた
また、大型の盆景は各地のお城や寺院などが選ばれて市の職員たちが三ヶ月もかけて大型の模型を作りその周辺には菊を何千鉢も使ってデコレーションされていて見事である。また省エネのこのご時世三日間に限定して夜になると その盆景がライトアップされ夜空に浮き上がるその様は市民をはじめ近隣の皆さん方が毎年楽しみにしていて多くの来園者で賑あいます。
大型盆景は平成19年には銀閣と銀沙羅 20年には平等院鳳凰堂 21年は薬師寺 昨年は松本城が作られてきました
今年は話題となった平泉中尊寺の金色堂が選ばれました。
菊祭りに展示されていた菊の数々と金色堂を紹介します。
<今夏より継続して満水の小浜池>
画像

<園内の松もコモ巻きで冬を越します>
画像

<菊の数々>
(金銀揃い踏み)
画像

(金賞のアップ)
画像

(見事な花びら)
画像

(大菊が一杯)
画像

(綺麗にスプレー)
画像

(特賞の盆菊)
画像

(枝垂れ?菊)
画像

<大型盆景>
(竹細工ローソクによる誘導路)
画像

(明るい時間の金色堂)
画像

(夕闇に浮かぶ金色堂)
画像

(水面に写る金色堂)
画像



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

katochan
2013年03月19日 22:57
この菊祭りは59回の歴史とか。すごい菊花展に驚かされます。満水の小浜池も紹介頂いてきましたが、先日のTVではあっちこっちで湧水による被害が出ているほどの水量のようですね。数々の綺麗な菊花にも見惚れています。金賞のアップ写真はお上手に撮れていて見事です。金色堂の時間経過の様子も面白い組み合わせでといも良い撮り方と感服しています。余談ですが、菊花展の菊は大菊厚物、大菊管物、懸崖づくり(枝垂れ?)、ダルマづくり、福助づくりが一般的ですが機会があればご説明させて頂きます。

この記事へのトラックバック