西伊豆紀行

”夕陽の町 西伊豆”の夕陽撮りに仲間と出掛けてきた
この時期外気温25℃近くも上がって一寸動くと汗ばむような中を三島から”沼津口野”から海岸線を南下して
最終目的地の”堂ヶ島”まで各所のビュースポットに立ち寄って海岸線から撮影したが、残念ながら”富士山”は最後まで姿を見せてはくれませんでしてが、それなりの海岸のビューは楽しむことができた。
・当日の目的である西伊豆の夕陽マップ
  
画像
画像

・コース
  
画像

・最初に立ち寄った大瀬崎を路上から望む
・海水浴場の途中に海中からの湧水による渦発生
  
画像
画像
  
・井田の港・畑の中に”井田”の文字が見える
  
画像
画像

・丘の上から見た戸田港
  
画像

・煌きの丘から夕陽の海
  
画像

・各所の”富士山ビュースポット”に立ち寄ってみたが”主役不在”でも海は美しい
  煌きの丘から海の遠くを眺めている娘は”失恋の旅か”?声をかけてみると大阪から来たらしい
  浜松まで新幹線で来てそこから大型バイクで伊豆を一周する予定らしい。若いって素晴らしい。
  一人でデジカメ片手に自身を撮っていたので、女の子のカメラで写真を撮ってあげた 
  
画像

・出発から2時間ほど経てやっと最終目的地の堂ヶ島に着くと丁度16時であと40分ほど日没だ
  
画像

・日没まで最後の遊覧船が出航
  
画像

・16:44予定の時間通り太陽が海にジューと音を立てながら??沈んでいった
   雲間から太陽が海に落ち始めてから5~6分の出来事だった
   
画像

・もう一寸撮りたかったが、今日の撮り直しはできない またの機会にチャレンジしたい
   夕陽のコラージュを貼り付けてみた。
   
画像



  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

katochan
2013年03月19日 23:02
富士山が望めなかったのは残念でしたが、天候にも恵まれてお仲間と良き旅・よき撮影会が出来てよろしかったです。地図で往路や撮影地点、復路なども明示されるtakechankの心くばりにも感服です。伊豆に疎い私でも大体のコースも分かるようです。夕陽マップもよい情報で参考にしていつでも出掛けられそうです。ブログの解説(プリントして)とメールの大きな写真を眺めながら、海の彼方に沈みゆく夕日の美しい情景に見入っています。今にも地平線の彼方に沈もうとしている様子もとてもよいです。余談ですが「男前証明書」2009年11月10日富士駅で発行されたもののようですね。

この記事へのトラックバック