総火演を見学

毎年8月の下旬か9月の上旬に、静岡県御殿場市にある東富士演習場畑岡地区にて、富士総合火力演習(略称総火演)が行われます。
5日間の演習期間中の最後の日は一般にも公開されるので、往復はがきなどで見学希望の申し込みをして、抽選により当たれば入場券が郵送されてきます。でも毎年、人気があって倍率が高く、なかなか当たらないそうですが、私は幸運にも知人の伝で家族用のチケットが手に入ったので先日見学に行ってきた。
 この演習は、わが国の陸上自衛隊の装備と実弾を使用した戦闘行動が展示される、陸上自衛隊の最大のイベントです。
 東富士演習場畑岡地区は、国道246号線を東京方面から来ると、御殿場市内の川島田という交差点を右折し、しばらく行くと、左手に陸上自衛隊の板妻駐屯地が見えますので、その前の交差点を右折し、登り坂になる道をしばらく行って印野の集落の中を抜け、未舗装の道に出た所で急に視界が開けますが、そこが東富士演習場畑岡地区です。
 真正面に富士山を望み、その前面には演習場となっているススキの原が広がり、左手には愛鷹山が見える演習が行われない日はまことに静かで、鳥のさえずりが聞こえる、のんびりとした光景が続きます。

 そこが、演習の日には、砲弾の炸裂音、爆風、煙、戦車や装甲車のキャタピラの音、ヘリコプターや戦闘機の爆音が響き、普段は静かな富士の裾野が一変します。
 この演習は富士教導団を中心に全国各地の部隊の協力を得て実施されるもので、最新装備が観閲式のようにパレードするだけでなく、実弾を使用して展示されるため、毎年見学を楽しみにしている方も多い。

見学してみて感じたことは どうか、この装備が訓練以外に使われることがないように、内外にその圧倒的な火力を示し、わが国を侵略する勢力に、その意図をうち砕く、大きな抑止力になってほしいと思います。

以下にその状況写真を紹介する。
(各写真はクリックすると拡大されます)

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

katochan
2013年03月19日 23:02
たくさんの演習光景を改めて堪能させて頂きました。先日にも添付の拡大写真でじっくりと訓練の様子、臨場感もあじわったばかりでした。何回見ても迫力もあって一見に値しますが実際の戦闘ともなればこんなのんきなことはことはしていられず、現在の火力の威力からして果たしてどうなるのかも想像すらできません。26日の自衛隊HPも眺めてみたいです。ところで、takechanのブログ発行数は118号になっているようですが私の記録では85号となっています。どうも最初の東北紀行の頃がややこしくなっていてNo.1はH22.10.15「東北紀行」です。全てもプリント保管していますがファイルは2冊目です。terasanを目指してコツコツと励みましょう。
terasan
2013年03月19日 23:02
日頃なかなか見られない光景ですが、この光景もっともっと派手に大きな規模で行って、韓国や、台湾、中国に見せたい、と言わせるのも最近の韓国、台湾、中国のやり方がきちがいじみているから。

この記事へのトラックバック